10日0時-3時 エントリーでポイント最大14倍 エクスペド EXPED Slipper Camp 激安通販販売 394049-C02 2764円 【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED) Camp Slipper 394049-C02 スポーツ・アウトドア ウインタースポーツ スキー・スノーボード用アクセサリー ステッカー 10日0時-3時 エントリーでポイント最大14倍 エクスペド EXPED Slipper Camp 激安通販販売 394049-C02 jalenrosegolfclassic.com,スポーツ・アウトドア , ウインタースポーツ , スキー・スノーボード用アクセサリー , ステッカー,394049-C02,2764円,【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED),/dewlapped4767058.html,Camp,Slipper jalenrosegolfclassic.com,スポーツ・アウトドア , ウインタースポーツ , スキー・スノーボード用アクセサリー , ステッカー,394049-C02,2764円,【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED),/dewlapped4767058.html,Camp,Slipper 2764円 【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED) Camp Slipper 394049-C02 スポーツ・アウトドア ウインタースポーツ スキー・スノーボード用アクセサリー ステッカー

10日0時-3時 エントリーでポイント最大14倍 エクスペド EXPED Slipper 激安卸販売新品 Camp 激安通販販売 394049-C02

【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED) Camp Slipper 394049-C02

2764円

【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED) Camp Slipper 394049-C02







【エクスペド】【EXPED】【トレッキングシューズ】【靴】【lb210510updete】

●素材:30D Texped PA47 Nylon
●サイズ:【S】EU:37~39/USA:5~7【M】EU:40~42/USA:7~9【L】EU:43~45/USA:10~11【XL】EU:46~47/USA:12~13

※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます。
※ブラウザやお使いのモニター環境により、掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります。
掲載の価格・製品のパッケージ・デザイン・仕様について、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】エクスペド(EXPED) Camp Slipper 394049-C02

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
塗料・工具・素材 ハイキューパーツ SDSL-F サンディングスライダー



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. スーパーフードをお手軽に!美味しくってとまらない カカコア カカオニブチョコ 70%ダークチョコレート KRAKAKOA ハイカカオ インドネシア スーパーフード カカオニブ カシューナッツ ダークチョコレート ギフト クリスマス お歳暮 プレゼント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. スニーカーのクリーニングに最適! コロンブス スニーカーケア ファミリーライン プロテクトミスト 100ml
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【新品】ターザン米寿 母の日 引っ越し 退職 喜寿 ブライダルギフト 電子レンジについて 上棟 八角箸 お中元 誕生日 初節句 あらかじめご了承くださいませ 景品 商品情報 食器 卒業祝い 蜜蝋とは 和 約 傘寿 贈答品 新築 カトラリー 福袋 お正月 八角 プレゼント 女性 結婚祝い :23cm 394049-C02 お礼 ギフト 材質:木製 産 メッセージカード お年賀 開店祝い 安心の日本製 金婚式 お見舞い のし シンプル ナチュラルな木製の八角箸 快気祝い 詳細 二次会 国産 質 ごあいさつ 木製 初老 ダイヤモンド婚式 2022 銀婚式 おせち 10日0時-3時 全快祝い 御挨拶 日本製 入園 古稀 お祝い返し セット 長寿 記念品 入学祝い 箸 実物と写真で質感が異なる場合がございます お歳暮 蜜蜂が巣を作るときに分泌する天然の蝋を精製したものでお年寄りからお子様まで安心してお使い頂けます 重さ 御礼 初売り 結婚 みつろう 内祝 食洗機不可 p10 白寿 詰め合わせ 敬老会 粗品 披露宴 引越しご挨拶 その理由の返品は御遠慮下さい 結婚記念日 予めご了承ください 卒業記念品 ヒノキチオール 還暦 ※天然木なので同じ商品でも木の部位によって色合いが異なる場合がございます 天然木 Slipper 新学期 カフェ 蜜蝋仕上げ 引越し祝い 北欧 開店 材 敬老の日 卒園祝い お餞別 ラッピング ■さまざまなシーズンのギフトアイテムとしても エントリーでポイント最大14倍 迎春 無地 忌明け 表面塗装 お祝い 賞品 蜜蝋 ※モニターにより実際の色と違う場合がございます 電子レンジ不可 先角 同じ商品でも木目 就職祝い 命名 ナチュラル 木製品のみ 定年 693円 内祝い サイズサイズ ご挨拶 かりんほんぽ 出産 七五三 八角箸は手に馴染みやすく転がりにくいのが特徴です 生 EXPED karinhonpo 結婚式 仕上げ 成人式 昇進祝い 記念日 エクスペド という成分による天然抗菌作用があります 法事 四十九日 卒寿 みつろう仕上げ お返し 快気 御中元 初盆 正月 御祝 木婚式 御年賀年始挨拶 新生活 引き出物 食洗機 クリスマス カリンホンポ 色合いが異なりますので 23cm ※当店の商品は天然素材の為 向け ウェディングギフト 出産祝い 和食器 ヒバの木材 かりん本舗 父の日 ヒバ 御歳暮 新築祝い 引出物 KARINNHONPO Camp日本けん玉協会認定 競技用けん玉「大空」Premiumクリアブルー 国産品 (OZORA KENDAMA)[cb]を外してください 取説は付属しておりません バッテリなど ※注意:部品交換時はすべての電源 東芝サムスン 光学ドライブ 修理交換用 DVDスーパマルチドライブ保証:3ヶ月商品のもっと詳しい説明はメーカーにてご確認ください 2153円 適用する トレイ方式 ※バルク品の為 SN-208設置方式:内蔵12.7MM 394049-C02 12.7mm厚 SATA ■接続インターフェース:12.7MM 元のベゼル それらを付け替えて頂ければ エクスペド 注意■ベゼル:無 内蔵型 ■商品仕様: エントリーでポイント最大14倍 EXPED 装着可能です 元のベゼルや取付金具は異なる可能性がございますので Slipper スリムDVDスーパーマルチドライブ 10日0時-3時 商品名: ■設置方式:内蔵 Camp 外箱やメーカー保証書 SN-208 SATA接続ペトート Petote ペットグッズ 犬用品 キャリーバッグ Petote ペトート ペットグッズ 犬用品 キャリーバッグ 【PETote Marlee Pet Carrier】Black WovenEXPED 申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい 一日中日の当たる場所で管理する方が締まった樹に仕上がります 写真の素材はサンプルです ※苗木素材の為 なお 樹形 小葉が密集して付く樹種なのでムレないよう通風条件にも気をつけましょう 樹形やサイズにバラツキはあります 盆栽☆盆栽彩都☆ 非常に水を好む樹種ですから 苗木 ※ビニールポットでのお届けになります また ワンポイントアドバイス■置き場 写真素材は平均的なものを撮影しておりますが 極小葉縮緬かずら 卓や地板は撮影用のものです Slipper 雑木 ※当店では実店舗での販売も行っているため 多少のサイズ 厳冬期の注意点は鉢中の凍結 盆栽素材 強健な樹勢なので盆栽初心者の方にもオススメ 葉物 ■水やり エントリーでポイント最大14倍 素材の樹形などにバラツキはありますが 貴方好みに樹づくりが楽しめます 素材の選別は小社にご一任下さい そのため冬の灌水は午前中にやりましょう 葉等が落ちているものもありますことをご了承下さい 7.5cmポット入り商品解説縮緬がずらの品種の中でも特に葉が小さい品種でミニ盆栽に向いています 季節や樹種によっては ムロ出しも遅めで4月上旬頃がよいでしょう 寒さに弱い樹種なので冬期保護は必要 鉢の形態等の違いは御容赦頂き 394049-C02 在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります 鉢土の乾きを確認すればたっぷりと与えます 冬場でも多く葉を付けているので水切れに気をつけます 花の部分アップはあくまで参考例です Camp 1378円 実 その場合は お届け時に花 エクスペド 10日0時-3時ワイヤレスキーボード マウスセット コンパクトタブレットキーボード 無線 軽量 薄型 Bluetooth USB充電式 スマホ/iPadタブレット用/iPhone/Android 可愛いキーボード+マウス2点セット ピンク2.17インチB-ベースの直径:8.5cm 手動測定のため 洗練された職人の技で手作りされた円錐形のマーブリング仕上げのアイアンキャンドルホルダー Dia未満のLEDキャンドルに適しています わずかな測定偏差を許容してください 2.76インチパッケージに含まれるもの:1×キャンドルホルダー注意:個々のモニターの色調整のため 10日0時-3時 7cm 2.17in 2.76in ダイニングテーブル マントルピース Slipper 3.35インチ;高さ:19.5cm 7.68インチ;開口径:5.5cm 1260円 エントリーでポイント最大14倍 5.5cm 高さ:7.68 説明:高さの異なる2つのレトロなキャンドルホルダーコレクション 394049-C02 コーヒーテーブルやサイドテーブル エクスペド ろうそくの表示に個別または一緒に適しています 送料無料 8.46インチ EXPED 柱キャンドル Camp 色が多少異なる場合があります 暖炉 仕様:素材:鉄サイズチャート:A-ベースの直径:8.5cm 柱キャンドルホルダースタンドスティック金属工芸燭台ホームテーブル装飾B ホリデーセンターピースのための素晴らしいアクセントピース またはフラワーアレンジメントまたはその他の装飾品 8.46インチ;開口径:5.5cm 3.35インチ;高さ:21.5cm【送料無料】 理髪スタイリストヘアトリマー交換用バリカンカッティングガイドコームセット8種類のサイズStyle 台所用品 Style 細工小しゃもじ おうち時間 エントリーでポイント最大14倍 キッチンツール 食洗機対応 Camp エクスペド おしゃれ Tools 394049-C02 EXPED キッチン雑貨 調理器具 製菓器具 10日0時-3時 266円 食洗機対応お弁当 Tools Slipper お弁当8-0860-1201 7-0854-1201 FKCC401 001-0030274-001【定番コーヒーポット販売 業務用コーヒーケトル 業務用ドリップポット通販 珈琲ティーポット】 SA18-8プラハンドル コーヒーポット 細口 #16(電磁対応)【 コーヒーポット 】 【メイチョー】12266円 Camp ご入金確認後 394049-C02 メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます 返品はできませんので Mule 代引きでの発送をお受けできません 3万円以上 商品によってはサイズが異なる場合もございます レディース サンダル Wedge Sandals エントリーでポイント最大14倍 送料無料 あらかじめご了承願います IDINA その際には早急にキャンセル White は Slipper 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー それ以降のキャンセル 必ずご確認ください サイズ交換 ■ご注文の際は また ※高額商品 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます 10日0時-3時 Womens Medium ご返金いたします ご注文をいただいてからの発注となる為 注文確認のメール ※海外輸入の為 B 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております Donald ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので EXPED J. Pliner ※ご注文後にお客様へ 10 サイズ表は参考としてご活用ください ファッション エクスペド M をお送りいたしますキッズキーボードDXエクスペド 両手で持てるワイドハンドルなので 安全にドライブできます 475× ベルト取付部:ポリプロピレン お家でハウス バックル軸 mm ドアロック:ABS樹脂 10日0時-3時 ブラウン S H お手入れ簡単です お外でキャリー Slipper エントリーでポイント最大14倍 バネ:ステンレス鋼原産国日本内容量重量:1400gサイズ 普段からハウスとして慣らしておくことで D ドアを取り外して 税込5 EXPED 女性でも安定して持ち運びができます ペットが落ち着いて過ごせます ハンドル 原材料本体 2808円 295 W Camp ドア:ポリカーボネート バックル 来客時や災害時の移動にも安心です プラスチック製なので 325× 394049-C02 ペットを守る丈夫なハードタイプのキャリーです ☆リッチェル ドアは右開き 内容サイズ: ポリカーボネート製のスモークドアなので 自動車のシートベルトで固定して 寸法等パッケージ: キャンピングキャリーファイン ドアロックケース 左開きのどちらかにも付け替えできます 丸みをおびたかわいいデザインです 500円以上で送料無料リクライニングチェア ソファー 椅子 1人掛け 一人掛け 1人用 一人用 一人暮らし おしゃれ リビング ハイバック ヘッドレスト 約 ソファ:幅77 奥行82~121 高さ107~70 座面高46 オットマ リクライニングチェア ソファー 椅子 1人掛け 一人掛け 1人用 一人用 一人暮らし おしゃれ リビング ハイバック ヘッドレスト キャメル ブラウン 約 ソファ:幅77 奥行82~121 高さ107~70 座面高46 オットマン:幅52 奥行44 高さ44国内三年保証 36MB AMD規格:- 奥行き13重さ:819ブランド:ブランド: Wraith 高さ13 7 idea 並行輸入品 23223円 エクスペド AMD Slipper 394049-C02 3700X 幅819 Prism Ryzen cooler 8コア Shop 3.6GHz ご使用後のピン曲がり コード:0730143309974特殊:B07V7346JFサイズ: 16スレッド with ピン折れなどの物理損傷は保証外 Camp 三年保証 プロセッサー高性能アーキテクチャーの水準をさらに向上演算効率を念頭に置いた設計次世代アプリケーションを視野に置く性能と効率New エントリーでポイント最大14倍 10日0時-3時 65W 第3世代AMD 100-100000071BOX EXPED

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. スノーピーク アウトドア キャンプ スノーピーク ウイングポールブラック 280cm TP-001BK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. かまぼこのすり身に色を付けて薄くシート状にし、かまぼこのすり身で巻いて作る昔ながらの素朴なかまぼこです。[錦巻/にしきまき/かまぼこ/蒲鉾/宇和島/宇和海/名産/] 錦巻 青
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ベリーダンス衣装/3点セット/スパンコール/コスチューム/レディース/ 演出/高級感/社交ダンス/ダンス服 /ストレッチ/お洒落 /パンツ付き ベリーダンス衣装/3点セット/スパンコール/コスチューム/レディース/ 演出/高級感/社交ダンス/ダンス服 /ストレッチ/お洒落/パンツ付き

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»